【写真あり】ミャンマー現地での両替方法と注意点

travel

 

Myanmar temple

こんにちは。

ヤンゴンにあるPeople’s Square and Park(市民公園)でお散歩をしていたらスプリンクラーの水が直撃してイイ感じにクールダウンしたニコです。

さて。

ビザの免除が2020年9月30日まで延長になって、より行きやすくなったミャンマー。

これから旅行に行く方も多いと思います。

そこで今回は、

教えてBOY
教えてBOY
ミャンマーのお金ってどうやって両替するのかな?

という疑問に答えるべく、

・ミャンマーのお金とは?
・ミャンマーでの両替方法は?
・現地での両替の仕方(両替所とATMの使い方)
・両替時の注意点

について実際の写真付きで解説していきます!

ミャンマーのお金とは?

Myanmar money

ミャンマーの現地通貨はチャット[Kyat]通貨記号は[MMK]

レートは変動しますが、2019年12月13日現在は1チャット=0.072円。

分かりやすい様に、1,000チャット=70円(約70円)を基準として考えるとイイですね。

ちなみに、チャットは紙幣のみで硬貨はありません。

チャット紙幣の種類

• 50チャット
• 100チャット
• 200チャット
• 500チャット
• 1,000チャット
• 5,000チャット
• 10,000チャット

1番ケタが大きくても10,000チャット紙幣(約700円)なので、

両替するとお札だらけになってお金持ちになった気分になります。笑

ミャンマーでの両替方法は?

ミャンマー・チャットの両替方法は2つ。

①クレジットカードや国際キャッシュカードを使ってATMから引き出す

②空港や街中の両替所で両替

今回は、

ATMでキャッシングする方法 と、

両替所での両替方法 を解説していきます。

ATMで現地通貨を引き出す方法

※AYA以外のATMを使っても基本こんな感じなので分かると思います。

ATM

①カードを入れて英語モードに切り替える

ATM 画面1

・まずはカードをATMに入れます。
・ミャンマー語と英語が選べるので、英語モードに切り替えます。

②PINコードを入力する

ATM pin画像

PINコードとは暗証番号のコトです。
暗証番号を入力しましょう。

③引き出し先を選択する

ATM withdraw 画面

Withdrawボタンを押す。(引き出すという意味)

④金額を入力する

ATM amount 画像

画面から引き出したい希望の金額を入力してENTERボタンを押しましょう。
※画面の[OTHER CASH AMOUNTS]は表示以外の指定金額で引き出したい場合のボタンです。

⑤レシートを受け取る

ATM last 画面

「レシートいりますか?」と聞かれているのでYesかNoを押しましょう。

⑥お札とレシートが出てくる【完了】

海外ではATMにカードが入ったまま出てこない!ってコトがまれにあるそうなので、レシートは出しておいた方がイイですね。 あとで確認もできるし。

両替所での両替方法

Airport exchange shops

①事前にUSドルかユーロに両替しておく。

※ミャンマー通貨は国外での両替が不可のため、入国後じゃないと両替できないので。

②両替所で両替したい金額を渡す。

両替所のスタッフがお金の状態をチェックします。お札の金額、ピン札で汚れがないかなど。

Exchange rate

写真の通り、高額紙幣と小額紙幣ではレートが変わります。

※あたしが両替した時は、両替所のおにいちゃんが「レートが違うけどOK?」と聞いてくれました。

KBZでは100ドル札以下だとレートが下がる様です。

③チャットに両替されたお札とレシートを渡してくれます。

ミャンマーチャットGETだぜ!!!

両替所で両替する時の3つの注意点

① : ATMでキャシングする際、手数料が取られる

お持ちのカードやATMの種類によって変わりますが、多くのカードは手数料がかかります。

また、利息もかかり請求された金額が高額になってしまうコトも。

そこでオススメのカードがセディナカード。

なんと言っても

・海外ATM手数料が無料!
・繰り上げ返済で利息が安く抑えられる!んです。

今ならキティちゃんのデザインで作れますよ!笑

カード会社

(引用:セディナカード)

セディナカードjiyu!da!j

②:ピン札でないと両替できないか、レートを下げられる

折り曲がっていたりシワがついているお札は両替を断られたり、両替してもらえたとしてもレートを下げられることがあります。

③:100・50ドル札以外はレートが悪い

例えピン札であっても、100・50ドル札以外の米ドル札(20ドル以下)は、レートが下がることがあります。
また、100ドルの旧札は今後もしかしたら取り扱ってもらえなくなる可能性もあります。

 

両替所で米ドルを両替する場合は、新100ドル札紙幣のピン札で行うのが確実です。

 

ミャンマーの両替方法まとめ

ミャンマーはまだまだ現金社会です。

Myanmar market

バスやタクシー(Grabならカード払いもできます)はもちろん、お高そうなレストランでもカードが使えない所がたくさんあります。

寺院に入る際も入場料がかかるので、現金を持ち歩くのは必須ですね!

ヤンゴンの行くべきパゴダ【仏塔】についてはコチラの記事をどーぞ⬇︎⬇︎⬇︎

ヤンゴンで行くべきパゴダ3つ【行き方〜服装など解説】

 

この記事があなたのお役になりましたら幸いです💚

ではまたー。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました