【HAND POKE 手彫りタトゥー】メリット・デメリットを解説

tattoo

こんにちは。

昨夜、何ヶ月ぶりかにお酒を呑まずに寝たら、夜中に何回も目が覚め、
朝起きたら目が腫れていたニコです。
ん、逆効果やんっ⁈笑

さて。

なぜ、こんな呑兵衛ニコが、

昨日お酒を呑まなかったとゆーと、
ただひとつ、本日タトゥーを入れる日だったからですね。

そして、今、まさに施術中でございます。

今までは、マシンで彫ってもらっていましたが、
今回は、初めて、手彫り(ハンドポークHAND POKE)で彫っていただいております。

最初に言っちゃいます。痛かった!

あたりまえですが、人それぞれ、痛みの感じ方が違います。

で、あたしはとゆーと、

はいっ、痛かった!笑

耐えられたし、スマホをいじる余裕はありましたが、

マシンより、痛かった!笑(ちょと、ナメてました。ごめんなさい。。)

 

マシンより痛いと感じた理由2つ!!

①タトゥーを入れた場所

  • 足の甲に入れた。

『マシンより痛くないよ〜』て、彫り師さんに言われてたので、調子こきました。笑

下の図をご覧あれ⇩⇩⇩

見て、見て! 赤い部分は、イタイ、イタ〜イところっ!

青い部分は、果てしなく痛そうっ!

②完全に痛みの種類が違った

  • マシン⇨絶え間なくシャーペンでガリガリされてる感じ。(痛いぃ〜!笑)
  • 手彫り(ハンドポーク)⇨まさに、針でチクチク縫われてる感覚。(痛いょ〜!笑)
    で、たまに皮膚に引っかかって、引っ張られる感じがまた痛いっ!

使われてた針はコレ⇩⇩⇩

あら、原始的💚

この2つが、マシンより痛く感じた理由だと思っています。今までみたいに、腕とかに入れてたら痛みを少なく感じたかもです!

手彫りのメリット・デメリット

メリット

  • 原始的な手彫りの技法なので、より刺青らしい、タトゥーらしい仕上がりになる。特に、和彫りや民族系のデザインなどは味がでていい感じになる。

デメリット

  • 彫るスピードが遅い。⇨1秒間に80〜140回 身体に針を突き刺すマシン彫りに比べ、手彫りの場合は1秒間3~5回しか突き刺すことが出来ないから。
  • 料金が高い。⇨仕上がりまでに時間がかかるため。
  • マシンより痛い。⇨手彫りにもいろんな方法がありますが、突き上げ、肌に引っ掛けるように針を抜き差しするため、基本的に痛く感じる。

まとめー

ジャスト、一言!

タトゥーを入れるって痛いっ!

痛くてなんぼやっ!笑

その苦労があるからこそ、

タトゥーが完成した時の

ヨロコビが、満足度が、

マシマシになるんじゃんっ💚

施術後の帰り道、

青空がいつもよりマシマシでキレイに感じました。

あなたも、タトゥーライフはじめませんか?

では、またー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました